Repair exhaust pipe.

おはようございます。

ここ最近、朝早く出掛ける仕事が多くて毎日アップできません。

忙しい事は良い事だと思っているので、テンションは高めにしています。

今日も天気が良く暑くなりそうです。

皆さん、水分補給はこまめに行ってくださいね。

さて、先日のブログでも紹介しましたが、私の356が異音を発生しメカニックさんに修理に出しました。

メカニックさんからメールが届き、異音の原因はマフラーのパイプの溶接が外れた事でした。

マフラーの太鼓の部分とパイプが5mくらい外れています。

長年ハードに走って使ってきたから振動で外れたんでしょうね。

片方外れるという事はもう片方も外れる可能性があるので、両方共溶接してもらいました。

写真に写っているエンジンは私の356のではなく、溶接の位置を合わせる為にダミーエンジンを使用したそうです。

溶接後に塗装してもらい、多分もう取り付けられていると思います。

マフラーのついでに、タペット調整とキャブの調整も同時に行ってもらいました。

オイルを抜いた結果、スラッジも見つからなかったのでエンジン自体の調子はいいそうです。

エンジンを色々とチェックしてもらったら、乗り方も悪くないそうで安心しました。

しかし、異音の原因がエンジンじゃなくてマフラーで良かったです。

修理終了の連絡を楽しみに待っています。

(クラシックフォース)

カーバッジ・カーグッズ・ワッペン・ステッカーなどを紹介しています。

(株式会社 武藤商店)

名入れカレンダー・名入れタオル・うちわ・扇子などを扱っております。

カテゴリー: Porsche356,VW   パーマリンク

コメントは受け付けていません。