スイスって、凄い(3)・・・

おはようございます。
昨日から降り出した雨は止みましたが、今日は凄く風が強くなっています。
こういう風の強い日は花粉症にかかっている人や、敏感な人はマスクが必須ですね。
私もしっかりマスク・マンになっています。
さて、「スイスって凄い!」も今回で最終になりました。
今回は展示されたアイテム編です。
sw10
  ↑
いや~、素晴らしいですね~。
グミュンド製の頃からの356のカタログや550スパイダーの
オーナーズ・マニュアルなど全てオリジナルで展示されています。
しかも、全てキレイな状態を保ってますね。
私が気になったのは、ポルシェ・クレストの
ディーラー・プレートです。
906や910、911Rなどのボンネットに付けられていた
クレストのステッカーのカラーになっています。
「PORSCHE」の文字のバックがネズミ色になっていますね。
このプレートの倍以上ある大きさの物を今までに何度か
海外でも出品されているのを見たことがありますが、
ことごとく買えずじまい。
ここ数年は全く見なくなってしまいました。
そういえば、新婚旅行でスイスに行った時に
某所のガレージに置いてあったな~・・・。
sw11
  ↑
356で牽引するキャリアがあったんですね。
たしかに、パーツマニュアルを見ると、オプションパーツで牽引器具は載っていましたが、このカタログを見るのは
初めてです。
ホイールもちゃんと356と同じのを使用していてGoodです。
sw12
  ↑
ミニカーもしっかりアンティーク物を展示です。
このミニカーの中で私も写真左の物を持っています。
ブリキ時代のミニカーは暖か味を感じますね。
sw14
  ↑
コチラは灰皿なんですが、ナルディのノベルティだったのでしょうか?
ちゃんとポルシェ・マークが入っていて物欲をそそります。
マッチには凄腕ドライバーのH・ウォルター氏の名前が
印刷されています。
コレクターはこういうのも使わずにそのままコレクションしていますね。
sw13
  ↑
わおっ!
ミニカーの後ろに展示してあるフェルディナンド・ポルシェの絵が書いてあるものは・・・・
以前、ブログでも紹介した1963年にポルシェからリリースされた12枚の画集です。
あの画集の事をその後も調べましたけど、どうも当時
500セットくらいリリースされていたのではないかという
話を教えてもらいました。
今はどのくらい残っているんでしょうね?
さて、3日にわたってスイスの簡易ミュージアムを紹介してきましたが、どうでしたでしょうか?
まだまだ写真はあるのですが、この辺りで今回は終了としますね。
先日、この写真を送ってきてくれた友人からメールが届き
またディープなイベントを開催したそうです。
それは、また今度紹介しようと思います。
ヨーロッパは濃いですね~。
antique-cafe
  ↑
カーバッジ・カーグッズ・ワッペン・ステッカー・雑貨
などを紹介しています。
ssm
sugi←花粉症対策には「杉のお茶」をどうぞ!
株式会社 武藤商店
  ↑
カレンダー・うちわ・扇子・トロフィー・ギフト
「杉のお茶」などを取り扱っております。
太平洋の奇跡ーフォックスと呼ばれた男ー
カート・ドライバー 周平君

カテゴリー: Porsche356,VW   パーマリンク

コメントは受け付けていません。