アンティークなワッペン・・・

おはようございます。
今日はスカッと晴れてますが、相変わらず寒い朝になりました。
毎朝1度か0度ですからね~。
関東の方では雪が降っているみたいですね。
今年は関東も雪の日が多いんじゃないですか?
車の運転や歩行など十分に気をつけてくださいね。
東京の人って、スタッドレス持ってんのかな~・・・?
dvd
  ↑
昨日、カート・ドライバーの周平くんに遅ればせながら
「スカラシップ獲得記念」
ということで、DVDを差し上げました。
このDVDは私が10年近く前に356乗りの先輩から貸してもらったビデオをダビングしたものです。
全国サーキットのラインの取り方や車のドライビングの仕方などを
オンボード映像や足元の映像など分かりやすく説明されています。
(10年前の内容なので、現在ではサーキットのレイアウトが変わっている物もあります)
私は、このビデオを良く見ましたね~。
内容も面白いし勉強になるし、
「あっ、こんなやり方があったんだ!」
などと、発見する事もありました。
その内、周平くんもギア付きの車に乗る事でしょうから、
その時のためにちょっと見とくと乗ったときに面白いかも。
あっ、その頃はパドルばっかりになっていて、ヒール&トゥとか
必要なかったりして・・・。
w
  ↑
先日、ごっそりとアンティーク・ワッペンがantique-cafeに入荷しました。
一番最近ので10年以上前の物になります。
写真以外にもまだまだありますよ。
ps1
  ↑
60~70年代のポルシェ・クレストのワッペンです。
この頃のワッペンは手間がかかっていて、全て刺繍で編んであります。
今ではこんなの作っていないですよね。
時代感あるワッペンをジャケットやレーシングスーツに付けると
車とフィットしていい感じですね。
(ちなみにクレストは売り切れてしまいました・・・)
ps2
  ↑
こちらも懐かしい感じがしますね。
カンナム全盛の頃のポルシェ&アウディのワッペンですね。
こういうダブルネームも最近では見かけなくなりましたね。
アンティークなワッペンって糸を多く使っているからなんでしょうけど、分厚いんですよね。
それが立体的に見えたりするんです。
今のワッペンってペラペラな感じなんです。
それだけ以前は技術がないから手間をかけて作っていたんでしょうね。
そうそう、もう一つブログをコチラにも作りました。
よかったら、見てくださいね。
     ↓
ご機嫌いかが、1・2・3
antique-cafe
  ↑
カーバッジやカーグッズ、アジアン雑貨などを紹介しています。
(株)武藤商店
  ↑
カレンダー・うちわ・扇子・トロフィー・ギフトなどを
取り扱っています。
カート・ドライバー 周平くん
不毛地帯
◎<a href="どこにでもある車をエンジン音だけ簡単にスーパーカーにする!?
” target=”_blank”>どこにでもある車をエンジン音だけ簡単にスーパーカーにする!?

SoundRacer(サウンドレーサー)

カテゴリー: Porsche356,VW   パーマリンク

アンティークなワッペン・・・ への2件のコメント

  1. sawacchi より:

    ほんと、雪には参りました。でも、自転車通勤。(バカ
    写真のワッペン、ほんと風合いがよろしくて、
    ワッペンらしいワッペンですね。
    最近のは、機械で作って、なるべく糸の量も減らしたいから、
    (コストダウンの意味で。)
    薄っぺらな感じがするのかな。

  2. Gmund より:

    sawacchiさん
    ニュースで見ましたが、しっかり雪が降っていましたね。
    いつから雪国になったんでしょうね。
    ワッペンもアンティークの方がしっかり作ってありますね。
    クラシックカーにはやはり時代感が感じられる物が似合いますね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">