本場はいいね~・・・

さて、現在AM8:30過ぎです。
今日は出社してすでに2時間半経過しました。
最近、なかなかデスクワークが終わらなくていけませんね。
今日も午前中はデスクワーク中心になると思います。
s1

コチラは昨日アップした「ラリーニッポン」に参加していた
56年スピードスターです。
このスピードスターは初めて見ました。
オーナーさんの話によれば、スイス在住の時に乗っていたものを
日本に持ってきたそうです。
ヨーロッパにいる時は、ミッレミリアなどのラリーイベントに
参加していたそうで、その時はアストン・マーチンやランチアなどで走っていたそうです。
s2

ヨーロッパのラリーイベントは日本のモノと違い、クラシックカーでも本気で速く走るそうです。
当時のラリーそのものを現在でもやっている感じなんだそうです。
という事は、速度は3ケタで走る事が多いんでしょうね。
たしかに、イタリアに行っていた人聞くと、
「ミッレミリアの時なんかは、目の前を300SLが200kmくらいで走っていった」
なんて事も聞きますからね。
アチラのラリーは本気の走りなんでしょうね。
「若いうちに出られた方がいいですよ」
と、オーナーの奥様に助言をいただきました。
ん~、ヨーロッパのラリーイベントって楽しそうです。
フランスの「ツール・オート」なんかは、5つのサーキットとSSを含んだラリーで構成されているそうですね。
これも楽しそうです。
先日も、冗談半分で
「日本でも北海道の十勝から九州までロードとサーキットを繋いで走るのも楽しいかも・・・」
とか話していましたけど、日本ではなかなか難しそうですね。
このスピードスターのオーナーさんと奥様は、サラッと来てスピードスターに乗り込んで、普通にエンジンかけて走って行きましたけど、何にも格好付けずにサラッとできるのってカッコいいですね。
スピードスターも普段から使っている感じで、それも良かったです。
antique-cafe
  ↑
カーバッジやカーグッズ、フレグランスなどを紹介しています。
今日から明日にかけて、先日入荷したカーバッジを出品します。
是非見てくださいね!
(株)武藤商店
  ↑
うちわ・扇子・カレンダー・ギフトなどを取り扱っています。
カート・ドライバー 周平くん
不毛地帯

カテゴリー: Porsche356,VW   パーマリンク

本場はいいね~・・・ への10件のコメント

  1. 歩瑠(ぽる) より:

    サラッと乗るというのはやっぱりある程度の年齢に達しないとかっこよくないかもしれませんねぇ~~~
    私なんかは年とっても356は似合いませんが・・・(^_^;)

  2. Gmund より:

    歩瑠さん
    なんていうか、普段から良く乗っているオーラっていうか、乗り込む時も全く構えずサッと乗って、
    エンジン一発でかけて走っちゃうって言う感じです。

  3. るうふ より:

    素敵ですねぇ~
    見に行きたかったです^^;
    レポート楽しみに拝見させていただきます^-^b

  4. Gmund より:

    るうふさん
    クラシックカーばかりで良い絵が見れましたよ。
    しかも、近所だったし。

  5. TJ より:

    ヨーロッパの旧車イベントは本気レースです♂
    ミッレミリアも規定も厳しいけど本気で走っています。日本では本気で走る旧車イベントは事実上サーキットイベントくらいしかないですね。
    自動車文化の発展は日本では難しいのでしょうね。。まず、日本のメーカーがやる気ないのがダメですね♂

  6. sawacchi より:

    自転車レースでも、地元の協力があっても、事故が無い様にと、
    口うるさく言われますからね。(結局は、警察がうるさい。)
    そこが、モータースポーツやら、自転車(ロード)競技で、
    日本は後進国と、言われる原因でしょう。

  7. 赤の’57 より:

    ヨーロッパの公道ラリーは交通法規が適用されないのでしょうか?
    車そのものやモータースポーツに対する意識が根本から違うのでしょうからね!
    三宅島のレースもあのテイタラクですし…。

  8. Gmund より:

    TJさん
    そうなんです、ヨーロッパは本気モードなんです。
    だから車達の仕様が少し現代風のパーツを付けられていたとしても、カッコよく見れるんですよ。
    「走っている」っていうオーラがありますよね。
    日本のメーカーも、もうちょっと頑張って欲しいですね。

  9. Gmund より:

    sawacchiさん
    ヨーロッパではラリーが昔からありますし、
    今のWRCを見ていても、子供も女性もみんな楽しそうに見に行きますよね。
    まるでお祭りのようです。
    危険なのは解りますが、あちらでは見る側の自己責任なんでしょうね。

  10. Gmund より:

    赤の’57さん
    イギリスに行った時に教えてもらったのは、
    市電・車・自転車・人の順で優先順位が決められていました。
    何らかの理由で市電を人が止めた場合、相当厳しい罰があるみたいですね。
    だから、交通を妨げないように横断歩道は走って渡るのが普通でしたよ。
    まるっきり文化が違うんでしょうね。
    日本では、ちょっと難しいでしょうね。