たまには・・・

今回は、いきなりなんですが私の356について疑問をもったパーツがありますので、それについて調べて見た事を書いてみたいと思います。
私の356は「1959年 356A 1600S」で356Aとしては最終モデルとなったものです。
この後356B(T-5)と変わっていきます。
59年モデルではこんな話を聞いたことがあります。
「59年は356Bのパーツを使用している部分がある」
たしかに、ちょうどモデルが変わる年なので実際使用してある部分もあると思います。
その部分とは・・・・・(それは、またの機会に)
では、フロントウインカーはどうなんでしょう?
私の356Aに付いているウインカーは
59年ウインカー(1)

このような形状をしています。
59年ウインカー(2)

レンズを外してみると、このようになっています。
(パーツの上部に18W、下部に21CPと数字があります)
58年ウインカー

こちらは57~58年356A(T-2)で使用されているウインカーです。
ちょっと形状が違いますね。
356Bウインカー・US356Bウインカー・Euro

こちらは356Bのウインカーです。
左側はHさんの356Bから写真を撮らせてもらいました。
右側は私の356BRに付いているウインカーです。
レンズの色が違うのは、クリアーがUS仕様でオレンジがEuro仕様ということです。
356Bと356Cとはフロントウインカーは同型の物をしようしています。
私の59年356Aのウインカーのレンズは356B/Cの物と同じ物を使用しています。
356B/C・ウインカー

356B/Cのウインカーはこのように3つにパーツが分かれています。
59年の写真を見ると、58年までの形状より356B/Cの方に似ていると
思うのですが、59年はパーツが2つにしか分かれません。
「もしかして、356B/Cの真中の部分を省いてつかっているのでは?」
と思い、一番下の写真の右のパーツを見てみると、レンズを付けれるような穴は空いていませんでした。
58年までのウインカーも356B/Cのウインカーもセパレートになっていますが、私の59年は一体化になっています。
ん?これって59年だけの部品?
実際に当時、このパーツは使っていたの?
使用されていたのなら、いつの時代でどのモデル?
色んな疑問がでてきましたので、家にある資料を調べました。
その結果はまた後日・・・。
PS
1959年 356Aのフロントウインカーについて、何か知っている方がいましたらコメントください。

カテゴリー: Porsche356,VW   パーマリンク

たまには・・・ への12件のコメント

  1. ジャバママ より:

    うっっっコメントが私にはも難しいですが・・・。
    なにやら、手作りの、その仕事をした個人個人のカラーと臨機応変が出る・・・わきゃないっすよねぇぇぇ(ははは)
    もぉぉぉど素人ジャバママですみませんねぇぇぇぇ。。。。!!

  2. Gmund より:

    ジャバママさん
    たまにはちょっと真面目にパーツを勉強してみました。
    忘れないうちに、書いておこうと思いまして・・・。
    これはマニアな世界ですからね~。
    「ウインカーなんか点けばいいじゃん!」

    「そのとおり!」
    でもね~・・・、知りたいんですよね~。

  3. 歩瑠(ぽる) より:

    自分のも真剣に見たことないな~~~
    黄色か白かで悩んだことはあったんですけど・・・
    本当にかわいそうな我が家の356です・・・^^

  4. 赤の’57 より:

    私が答えを知るべくもありませんが、すっきりしたい気持ちは痛いほどわかります。
    それにしても、リアのウィンカーやストップランプを球は白色のままでクリアーにしている人、あれ、迷惑ですね!

  5. Gmund より:

    歩瑠さん
    「オリジナル」を知って356を触りたいと思っているんですよ。
    長年欲しかった356なんで、「所有して終わり」じゃなしに、そこから楽しみたいんです。
    時代を紐解いているみたいで面白いですよ。
    歩瑠さんも、これからどうですか?
    楽しいですよ。
    でも、壁にぶち当たってばかりですが・・・。

  6. Gmund より:

    赤の’57さん
    赤の’57さんもブログでオリジナルパーツやアクセサリーを紹介していますね。
    アレ、私は好きですし、勉強になります。
    現在付いているパーツの形状はあっていても、果たしてそれがオリジナルか、リプロかというのは、また別問題なんですよね。
    その時代にいた訳ではないので、なかなか答えを出すのが難しいですね。
    けど、それが面白かったりします。

  7. ボールチェアー より:

    気になりますよね こーゆーのっ!!
    と言いつつも、自分の場合は気にはするのですが、徹底的にそれじゃなきゃいかん!!てなわけじゃなく 「そうなんだっ」程度です。
    バイクの旧車の集まりで以前、「これ何々の流用だね。」とか「リプロじゃん」とか言われ、仕舞いには、「これじゃだめだよ~」て。そんなことわかってるんですけどね~。
    走るようにして乗ってなんぼだと思ってるんですが…

  8. Gmund より:

    ボールチェアーさん
    こういう「趣味」には色んな楽しみ方が有り、そこが同じ「趣味」でも難しいところだと思います。
    でも、何も知らないより調べるのも楽しみで、いじったり、走ったりするのと変わらない楽しみだと思います。
    中にはオリジナルにこだわる人もいて、それも一つの楽しみだと思います。
    走って楽しむ人、直して楽しむ人、走って楽しむ人、色んな人がいますね。
    私は単純に「356」が好きで、「356」のことなら何でも知りたい欲張りなんです。
    だから、オリジナルにも、修理にも、走りにも色んな事に興味があって一番どっち付かずなのかもしれませんね。

  9. TJ より:

    車輌の謎・・・パーツの謎、同じ形状なのに取り付け位置が微妙に違ったりとか、車体を構成しているパーツもモデルイヤーでちょっと変っていたり・・謎を追うと寝られなくなっちゃいますね^^
    乗り物って、乗っても見ても直してもなんでも楽しみ方いろいろですね。大事にキズ1つ付けないように乗るのと、めいっぱい使い切る乗り方・・・どちらもありだし楽しみ方は無限です!!楽しんだ者勝ちですね^^

  10. hy より:

    フロントウィンカーの件ですが、60年代にはいってアメリカの安全基準で、フロントウィンカーがある角度も見える様にしなくてはいけない事となり、いままであったウィンカーに足して、長さを足したと聞いた事があるのですが?
    まちがっていたらごめんなさいね?
    オリジナルにこだわっていると、頭が痛くなってきますよね^^

  11. Gmund より:

    TJさん
    そうなんです!これも考え方なんでしょうが、せっかく欲しい物を手に入れたのですから、楽しまなきゃもったいないです。
    それが、走っても、修理でも、眺めてもなんでも楽しまないと、時間は過ぎていくばかりで待ってはくれませんからね。
    人生は1回ですよ。
    (もし、生まれ変わることがあったとしても、記憶まで残る保障はないっす)

  12. Gmund より:

    hyさん
    いえいえ、それはあるでしょうね。
    59年式はアメリカの安全基準に応じて、バンパーのナッジバーが前後とも高くなっています。
    ウインカーもそれと同じくしてレンズが大きくなったのでしょう。
    59年9月、356Bになるとバンパー自体が10cm高くなっていますからね。
    59年356Aのナッジバーが高くなったのは、Bに移るまでの「とりあえず」的なことだと思います。