Marriage of dale & wing

先日、カミさんから面白い話しを聞きました。
「桃太郎」の話です。
ある日、おじいさんが山へ芝刈りに、おばあさんが川に洗濯にいきました。・・・・・
じゃなくて、現在の幼稚園で実際にあった話なんですが、
演劇で「桃太郎」をやったそうです。
その時の主役・桃太郎はなんと14人いたそうです。
何故そんなことになったのかというと、役選びの時に主役からもれた園児の親が
「何でうちの子が桃太郎じゃないのよっ!」
と抗議があったらしく、一人を認めると次から次へと・・・・・。
あ~、おバカです。
童話の内容なんてどっかいってしまっています。
どんな役だって話を成立させるには大切なのに、全く自分勝手な話です。
こんな事してるから、人の事考えられなくなって「いじめ」ても
人の痛みさえも分からないようになってしまうんじゃないのかな。
そりゃ、戦争もなくなりませんわね。
「桃太郎」の話を聞いたカミさんが「この話はおかしい」と思ってくれてよかったです。
「そんなの当然でしょ」だったら、怖いものを感じますね。
みなさんのお子さんの時はどうでしたか?
さて、こちらはウチにあるトロフィーです。

トロフィー(1)
これは何年か前に「356Cup」というのがありまして、それに出たときにもらったものですね。
「もてぎ」や「TI」のサーキットをあしらった物や、356の部品を使ってトロフィーにしてあります。
「もてぎ」のトロフィーはアシモ君もちゃ~んといますよ。
出走台数が少なかったんで、もらえたんですけどね。
トロフィー(2)

こちらは356の部品を使って製作されたものですね。
おしげもなくアンティークのビバンダム君も使っています。
トロフィー(3)

三角窓を利用したのがヨットみたいで面白いですね。
黄色いプレートは海をイメージしているみたいです。
ぽるちゃんさんが見ると、どこのパーツを使っているか分かるんじゃないのかな?
今回紹介したトロフィーは全てペダルカー製作を手伝って頂いていますメカさんの作品です。
この様に、一風変わっていて、しかも356やポルシェの部品を使った記念品ってやっぱりもらってうれしいですね。
飾っていても、絵になりますし。
群馬のUさんの所には過去のトロフィーがどっさりありますので、
そのうち1部屋に集めて飾ってくれないかな~。
こういうトロフィーは356クラブの2年に1度ある大きなイベント
「356ホリデー」の時に製作される事が多いです。
いかにオリジナル度があるかという「コンクールデレガンス」や
「人気投票」「タイムラリー」などから「遠方賞」「サビサビ賞」
「1年の最多走行距離賞」などなど・・・・・。
来年のホリデーは私達の地区がホストです。
色んな面白い賞を考えて、なるべく多くの人に与えられればと
思っていますよ。
さて、来年はどんなトロフィーにするか考えなきゃね。
ぽるちゃんさん、来年は参加してみる?

I have no experience with this https://domyhomework.guru/ website that does homework for you solution, so I can’t speak to how effective the tools are or how well supported they are
カテゴリー: Porsche356,VW   パーマリンク

Marriage of dale & wing への2件のコメント

  1. TJ より:

    親バカではなくバカ親がいるんですね~これもいじめや学校教育ダメにしていく要因の1つでしょう。。1人が言うとそれにつづく(自分じゃなにもできないヤツがついていく)学校の前に幼稚園児の親となんでもOKする幼稚園本体から再教育ですな・・(誰が教育するのかも問題!?!)
    そんな事よりトロフィーいいですね~~特にコンロッドとピストンが水平対向のが好いです~~~^^
    Gmundさんコメント10分かかっても送信されないの、二重コメントになっていたら削除お願いします。

  2. Gmund より:

    TJさん
    なかなかいいでしょう、このトロフィー。
    私がクラブに入る以前もいいのがたくさんありましてね、
    どれもこれも欲しいのばかりでした。
    よくアイディアが浮かぶなっと関心します。
    最近、ウチのコメント重いですよね。
    私が入れてもずっと待ちの状態なんです。
    これ、どうにかなりませんかね?
    みなさん、ご迷惑かけていたらごめんなさいね。
    でも、何でこうなっているのか解らないんですよ。