Bohemian rhapsody

私の印象では「Gメン・75」の印象が強いのですが、俳優の丹波哲郎さんが昨日亡くなりましたね。
一時期「私は霊界の宣伝マン」として、TVに出たり「大霊界」という映画まで作ったりしていましたね。
どうも私には「Gメン・75」のハードボイルドの印象が強かっただけに、霊界の話で話題になった時に
「あれ、あれ、ど~しちゃったんだろう?」
っとなりましたけど、TVは見ていました。
これで、本当に大霊界に行ってしまった丹波さん、そちらの世界はどうなんでしょう?
何かの番組で、霊界から呼んでもらって
「そちらの世界はどうですか~?」
って、聞いてもらえないですかね~。
さて、昨日はペダルカーの塗装上がりをレポートしましたが、
今日は内装です。
「さて、内装はどんな生地にするかな・・・・・?」
色はステアリングの革が黒なので、それに合わせて黒と決めているのですが、ペダルカーを眺めながら・・・・・・。
すると「これはどう?じゃあ、これは?」と、メカさんが色んな
アイディアを提供してくれました。
フェルトやナローの内装の生地やetc
あまり厚手の物じゃない方がいいので・・・・・
「じゃあ、コレ使ったら」
っと、渡されたのは356のドア1枚の内張りでした。
いわゆる、本物って訳です。
生地の厚さもいいし、もちろん356の形をしたペダルカーには持って来いです。
これに、決定です。
っというわけで、本物の356の生地を使い内張りを貼っていきます。
例のように、型紙を作って革を切ってボディにボンドで貼っていきました。
ペダルカー(内装貼り・1)

下側はボディに巻き込むようにしたいので、オーバーサイズでカットしてあります。
ボディの上側は356の内張りの革が折れ曲がっている部分カットし、
貼りこんだとき表に丸みが出るようにしました。
ペダルカー(内装貼り・2)

コチラが貼りこんだ後の写真です。
こう見るとGT風に感じられます。
ちなみに、生地の取り方の都合と作業のやりやすさを考え、3分割にして貼りました。
今回貼った場所のボディの下地を作る時に丸みを出して正解でした。
やっぱり角が無い方が安全だし、356は丸みがあった方が似合いますね。
写真で見ると、ダッシボードも貼ってあります。
これ、私が内装貼りで手間取っている時にメカさんが、
「ダッシュもいるよな~」
とか言ってると思ったら、さっさっと作って気が付いたら付いていました。
ん~、素早い。
どうですか、ちょっと形になっていましたでしょ。
次回は、以前アルミで作ったドアの内張りに革を張っていきます。
とうとうアルミを削って作った部品(小物)が付いていきますよ~。
これが付くと、またカワイイんです。

Seit november ghostwriter gesucht 2012 bin ich als autorin auch bei content
カテゴリー: Porsche356,VW   パーマリンク

Bohemian rhapsody への6件のコメント

  1. デブでも早いんだ! より:

    よく作業を見ていますが、ドライバーが(子供さん)居るなんて良いですねー。私は7年前に普段使いのXK-8のペダルカーを買ったのですが、まだドライバーが居ません。「こらっ!子供ども、早く孫作らんかい。」あっ、結婚もまだなんだよね。Gmundさん、暇見て作りかけの1/4のパイプバギー持って来ますね。ぐずぐず作っている内にうちの子供が大きくなってロールバーの中に入らなくなってしまったんだけど、まだまだ間に合いそうだから。

  2. TJ より:

    内張りが付くとさらに質感が上がりましたね!!アルミで作ったドアの内張りに革がついたら本物みたいになっちゃいますね!

  3. DAN より:

    なんだかペダルカーではもったいないレベルって思うのは僕だけでしょうか。
    当初からそうは思ってましたが、ここまでくると凄いの一言ですね(^^;
    これは間違いなく本物より注目度高いですよ(^^)

  4. Gmund より:

    デブでも早いんだ!さん
    手伝ってくれているメカさんも、もともとは自分の子供が乗るために作ったボディなので、子供が乗っている姿とダブらせているのではないでしょうか。
    まっ、子供のZちゃんは実車の356や911にもう乗っていますが・・・・。しかも、速い!
    早く、デブでも早いんだ!さんのの所にも孫ができるといいですね。
    「アレッ?最近見かけないな~・・・」と思ったら
    一生懸命、孫の為に何か作ってそうですけどね。
    しかも、連日・・・・。

  5. Gmund より:

    TJさん
    356GS-GTやCarreraモデルを見る機会が多いので
    ペダルカーの内装を見ると、そっくりな質感で笑えますよ。
    っというか、内装の素材は同じ物をつかっているので、まるっきり縮小版みたいです。
    細かい部品も、年代やモデルを調べて作りました。
    もう、病気です。

  6. Gmund より:

    DANさん
    はっはっはっ・・・・、「病気」だとか「異常」だとか、よく言われます。
    「Pre-Aの最も初期のフロントフードの取っ手はこの形なんだよな~」とか調べながら、部品を作っていましたからね。
    一応モデルは、1954年のスピードスターです。
    それも最も初期のモデルです。