1983

2日続けて社用車のタイヤにボルトが刺さりました。
24日の昼に走っていたら、なんだかハンドルから「コトコト」と振動が伝わってきたので、パンクかと思い車を止めて確認すると左フロントにボルトが刺さっていました。
タイヤの溝ももうほとんどなかったので、もうパンク修理ではなく
タイヤ交換という形でタイヤ屋さんに行き、ニュータイヤ。
特別なタイヤではないのですが、新品は気持ちがいいですね。
「今回は長く使うため、温存、温存・・・・」
で、昨日の夕方にまた前日にも会ったようなステアリングからの
振動。
確認してみると、今度は右リアにボルトが刺さっていました。
しかも昨日と同じタイプのボルト。
すぐにタイヤ屋さんに行き、パンク修理をやってもらいました。
「昨日買っていただき、2日続けて気の毒なので無料でいいです」
との事。ありがたいですね~。
この事と関係があるかは推測ですが、会社の近くに今日大きな
ホームセンターがオープンします。
もしかしたら、このホームセンターを建てる時に使ったボルトが
最近の雨で、道路の端から流れ、それを踏んだのではないかと思います。
タイヤ屋さんも梅雨時期は1日に1件はパンク修理があると言っていました。
道路の端にあるゴミなどが、流されて道路に出てくるそうなのです。
まあ、ニュータイヤに変えるいい機会にはなりましたけどね。
先日、大都会に行った時に、子供のジャケットといっしょにコレを買っちゃいました。
オンボード

「F1 オンボード」のDVDです。
このDVDはかなり売れているようで、私も見たいと思っていたものでした。
葉巻型のF1のオンボード映像は圧巻でした。
すごくスピード感があり、見ている限りでは私は怖くて乗ろうとは思いませんね。
映像からカーブに差し掛かるとリアが流れているのが分かるくらいにリアルです。
よくあの時代の人達は、あんな細いタイヤでレースしていましたね~。
しかも、200kmオーバーのスピードで。
6輪タイレルのフロント・カウルを外し、フロント・スポイラーと
ロールバーの辺りにカメラを設置し、モナコを疾走する映像があります。
フロント・カウルを外しているから、ギアチェンジやアクセルワークなどの足の動きも見ることができます。
もちろん、セナが鈴鹿を攻めている映像もあります。
最近のオンボード映像はカメラも進化し、ブレもなくキレイな映像で見れますが、昔に比べると疾走感がなくなってきています。
このDVDで見比べていくと、それは分かると思います。
昔のF1ドライバーって本当に運転が上手だったんだな~っと思えるDVDですよ。
もちろん、現在のレーサーだってみんな上手だと思いますよ。
ぽるちゃんさんが以前ブログで紹介していたフェラーリの積車が
ちょっとだけ映像で確認できますよ。
「夢を見る人形とみんな私を呼ぶの~」

今日見たニュースの中で一番気になりました。
どうも、また歌を出すらしいのです。作詞は本人で。
中学生の頃、ファンでしたね~。
高島屋でのリサイタル(死語)を見に行って、握手しましたよ。
その時はかわいかったな~。
で、数年前にヌードを見たと時はショックでしたね。
なんか、芸能界に未練があるのかな~って。
で、今回は歌を出すって。もういいですって感じです。
だんだんと、当時のいい思い出が崩れていきました。
私としては、ヌードの時点で終わっていますけどね。
って、誰の事かって?
35歳オーバーの人限定ですかね。
あっ、シングル盤、まだ持っていますよ。

カテゴリー: Porsche356,VW   パーマリンク

1983 への3件のコメント

  1. 356 より:

    八重歯すら流行りましたからね。

  2. Gmund より:

    今は八重歯すらない。
    「キツイぞ~っ!」

  3. おっさま より:

    風に揺られ白い風船 飛んでるみたいと♪
    やべぇ!
    シングル盤は持ってないのに、歌えちゃうよ。。。