Third stone from the sun

今日の朝のニュースは誘拐報道。(どんより)
昨日は、大学生集団リンチ殺人。(ど~んより)
その前は高校生が放火して家族が焼死とか・・・・。
最近、物騒すぎる事件の報道ばかりで感覚が麻痺しそう。
というより、昔ほど驚かなくなってしまっているから、もう麻痺しているかもね。
驚いても、次の日にそれを上回るような事件が報道されるから、
前のを忘れちゃうのでしょうか?
いやですね~。
以前は、大きな事件がまれだったから犯人の名前とか、事件の背景とか記憶に残っていたけど、最近は「また~」みたいな感覚だから
ほとんど忘れてしまう事が多くなってきました。
これだったら、まだスパムメール読んで笑って削除している方が
どれだけ楽しいか。
最近、この本を読んでいます。
レーサーの死

「レーサーの死」(黒井 尚志書)
アイルトン・セナを始め、R・ロッツェンバーガー、高橋徹
福沢幸雄など、レースで亡くなったドライバーの真実を関係者の証言をもとに書かれている本です。
セナの事に関して知りたかったというのもあるのですが、
高橋徹というドライバーは私が小学生の頃、彗星のごとくあらわれ
すぐに逝ってしまったという記憶があります。
とても速かったドライバーだったと思います。
その当時、中嶋、星野、長谷見、高橋(国光)など層々たるドライバーの中に一人だけ若いドライバーが現れました。
それが高橋徹だったのですが、1983年富士グランチャンレースで
クラッシュし逝ってしまいました。
彼は当時23歳。
私も子供だったので、あまり記憶がないのですが彼が速かったという記憶だけ残っています。
もうちょっと彼の事を知りたくて、何故あのクラッシュが起きてしまったのかも知りたくて読んでいます。
現在、トヨタ7(福沢幸雄)を読んでいます。
このトヨタ7も謎に包まれてしまった車ですね。

カテゴリー: Porsche356,VW   パーマリンク

Third stone from the sun への4件のコメント

  1. 356b61 より:

    高橋徹選手の事故のこと鮮明に覚えています。買い物先のユニーのテレビで大事故を知りました。大好きなレーサーだったので残念です。

  2. Gmund より:

    最終コーナーで木の葉のように舞い上がる映像を見た時に「だめだろうな」と思った事が記憶にあります。
    頭側からフェンスに突っ込んでいたと思ったけど・・・・。
    彼は早過ぎましたね。

  3. ぽるちゃん より:

    こんばんは、今帰宅したら小包が・・・
    びっくりしました。お礼など頂かなくても・・・
    余計気を使わせてしまったようですね。。。
    ステキなプレゼント有難うございました。
    感激しています。大切に使います。
    本当に有難うございました。。。

  4. Gmund より:

    ぽるちゃんに使っていただければ、嬉しいです。
    私も仲間の何人かも使っています。
    雰囲気って大切ですよね~。