Dancing days

今日はAM6:00頃に起きたのですが、もう空はこの時間明るいです。
ちょっと前まで真っ暗だったのに、気温もそんなに寒くないし、
春を体で感じることが出来ます。
ニュースを見れば、桜の開花情報が花粉情報と入れ替わったかのように流れています。
「春だな~」
まっ、そんな事チラッと思いながら、古新聞やチラシを町内の指定場所にワッセワッセと運んでいましたけど・・・・。
何年か前の事ですが、私は気が狂ったかのように356のミニカーを
集めていました。
同じ形でも、「色違い」「デカール違い」など、調べては探して
いました。
(だから収集癖はこまります・・・・・)
えっ、じゃあ今はどうかって?
現在は、気に入った物が出て変える機会があれば買いますが、
以前のように、「何でもいい」とか「なんとしてでも」とかいう
熱いものではなくなりました。
今は、ネットオークションなどで探すこともできますから
ネットで何が売りに出てるか見ているくらいで、
気に入った物があれば「カチッ、カチッ」っとやるわけです。
じゃあ、とりあえず・・・・・
ミニカー(1)

356No.1の3台は全てマイスト製です。
どれも同じサイズ(1 / 18)なんですが、ちょっとした違いがありまして、向かって左と中央は1998年に発売されたものです。
1998年というと、ポルシェ社50周年ということで、
左の356No.1には記念のデカールが貼ってあります。
中央は、デカールの無い量産タイプになります。
で、向かって右のものは一見一緒に見えますが、
よく見るとステアリングの色が違います。(メッキになってます)
その他、エンジンルーム、フロントフード内も塗装ではなく
メッキパーツになっているところがあります。
後にデパートなのでリーズナブル価格で発売されたモデルになります。(確か、1.000円ちょっとだったと思います)
このマイスト製の356No.1は限定モデルで「ゴールド」と「シルバー」が出ています。
確か、666台だったかな・・・・?(違っていたらスイマセン)
「シルバー」の方だけは持っているのですが、閉まったままで
全然私も見ていません。
マイスト製は1 / 24のモデルも発売されていました。
ファミリーレストランとかに置いてあったような気が・・・・。
前列向かって左は1950年代のメルクリン製。
メルクリン製はコレ1台しか持っていないのですが、
ディティールが気に入っているので、その内もうちょっとキレイで
「箱つき」が欲しいと思っています。
前列向かって右はメカさんからもらった、ディンキー製。
このやれ具合がいいです。
当時、子供が気に入って遊んでたのかな~っと思わせるような
ボロボロ感があって。タイヤも傾いちゃっていますし。
ちなみにミニカーの後ろにある赤い箱は、4~5年前にあったイベントで「ヴィンテージ・ポルシェ・ブランチ」の時に配られた
弁当箱です。
これが、レア・アイテムだったりして。

Besides concerns about the need for basic computer literacy and self-discipline for use the weblink a student to succeed, the study also pointed to the ethical and privacy concerns behind this new classroom environment
カテゴリー: Porsche356,VW   パーマリンク

コメントは受け付けていません。